Blog


Update:2016.01.24

そして仙台とCDリリース

わたしだ。

 

enIIIツアー、二か所目は宮城でした!

 

わたし、けっこうよく行ってるので、

宮城はホームだと感じてます。

震災の爪痕はまだまだ全然消えないけど、

みんなの情熱と汗で、

すごく気持ちの良い空間が出来上がって、

そこにいられる幸せでまた、

涙が…いや、汗が!(;_;)

 

がんばれ、がんばれ!

ってどこからともなく聞こえてきて、

強い音を放ちたくなってしまい、

やはり終わったら手が三代目火影に封印された大蛇丸状態になっていた。

別に術に溺れたわけじゃないのに…。

カブト…。

(だからナルト見てなきゃわからないてば)

 

素敵な空間で音を奏でられて幸せです。

 

 

帰り、

普通に電車が動くありがたさを感じて、

それもすごく幸せでした。笑

 

 

そして、

最近、尊敬するアーティストの方々のCDリリースが続いております。

去年はドリのベストアルバム、

本当に凄かったなぁ。

 

 

今年は年始から稲葉さんのシングル、

「羽」が発売されましたね。

 

とても強くて、

新しく、懐かしく、丁寧で。

目の前までやってきてギャーギャーとうるさい音楽が最近多くていやになってたんだけど、

本当にとてもいい距離から語りかけてくれる。

自分から歩み寄る距離をくれる。

自分から側に行って飛び込むんだ。

それがとても心地いいし、気持ちいい。

 

売れ行きも凄い!

 

昨日カラオケに行ったのですが、

羽を歌った時の場の盛り上がり方が普通じゃありませんでした。

 

最後の、

君を忘れない…

というくだりの時ふと周りを見ると、

全員総立ちで、

スーパーマンのポーズで拳かざしながら熱唱していました。

 

お酒以上に酔わせてきますぜ、羽…。

 

カップリングの三曲も凄い素敵なんです。

BLEED、人生の大事な時に間違いなく何度も聴くだろうな。

うあーーー!てなる。

強くありたいと強く思って、うあーーー!てなる。

 

水路の歌詞もすごい。

 

過去を変えたいなら今を重ねるしかない

 

って、すごいなぁ。

 

最近、1日が終わる時に、

いつか振り返った時に今日を誇れるかな。

なんて考えてしまうのは、

水路を聴いたせいだー。

 

 

 

CDの時代は終わった…。

 

わたしを含めて、

そう思っていたたくさんのひとたちは、

モンスターアーティストの底力に、

すごく勇気をもらったのではないかな。

 

まだCDは死んでないんだ。

 

 

そこへですよ、

畳み掛けるように、

スガシカオさんのアルバム!

遂に遂に発売しました!

THE LAST!

 

遺作のつもりで作ったと聞きました。

凄まじい決意。

 

 

封を開けて歌詞カードを開くと、

最初の見開きに、

村上春樹氏のライナーノーツがある。

 

ノーベル賞にノミネートされちゃう日本で間違いなくトップの小説家が、

スガさんの音楽について思う事をとても丁寧に正直に書いていて。

え、何この音…。

ぎゅっとした音…胸からや!

(なんだか胸が苦しい!)

 

 

ゴージャスなライナーノーツに胸を掴まれてから、

歌詞カード片手に収録されている音楽を聴いたら、

すっかりライナーノーツの事を忘れてしまった。

音楽のインパクトがすごすぎて…!

 

スガさんがめちゃくちゃ目の前まで来て密室状態で始まって、

どうなっちゃうのー!?

ってスタートしたのに、

終わった時にはスガさんはもう遠くに行っていた。

それなのに、

自分の頭の中をいろんなリアルな事が駆け巡ってて、そのことに全然気づかなかったって感じ。

最後、ハッとした時には、

スガさんの広げたふかふかの毛布にくるまれて、

優しく抱っこされていました。

 

真夜中の虹という曲の歌詞を借りて言うと、

胸が破裂するかと思いました。

 

 

何があったらあんな音楽作るんだろう!

(あらゆるいい意味で!笑)

 

たくさんのひとに聴かれて、

たくさんのひとの胸を破裂させますように。

 

本当、CD買おうよ、

だって音楽すきなんだから!

って思いました。

 

さっきも言ったけど昨日カラオケ行ったんですが、

カラオケのテレビ画面でダムチャンネルというのがやっていて、

突然スガさんが現れたの!

そいで、やったー!ってうれしくて、

夏フェス参加したスガバンドのグループLINEで報告してたら、

間違って、家族のLINEに載せるつもりの、

母親が桜田淳子を熱唱してる写メをスガさんに送ってしまった。。・゜・(ノД`)・゜・。orz爆

はうーーーー!!!

忙しい時期に、本当すみませんでした(´Д` )

スガさんが優しいひとで本当ヨカタヨ

。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

ドジなわたくし、今日は遅ればせながら、

去年末に行った個展の打ち上げです。

 

岡田独歩さんのおうちで、

新年会も兼ねてワイン飲んできます。

 

今週のミュージックステーションみてね。

スガシカオさんのアルバム曲がどんなに素敵なのか聴けるよ♡

わたしも微力ながらお手伝いさせて頂きます。

 

では、またすぐー。

 

 

サトコ・オブ・ライナーノーツ

 

※すべてアホなわたしの個人的な感想なので、

どうか気を悪くしないでね(>_<)

Update:2016.01.20

そして出られなかった山梨

わたしだ。

大雪に見舞われたみなさま、
大変でしたね(;_;)
本当に本当に、ご苦労様でした。


わたしも山梨ライブの翌日で、
戻り日だったのだけど、かなりすごい1日になったので、ここに記しておきたいと思う。

朝10時半くらいのーあずさ2号でー
わたしはわたしはお昼にはー
東京つきーますー。


って予定だったわたしたち。
(あずさ2号のメロディで)
(若者は知らないかも)


しかしながら、その電車が大雪のため、
運休に…(;_;)
仕方なく、
これも運命。

焦ってもしょうがないよね。
なんつって、バンマスの大島さんとランチして、
その後雪見露天風呂にて、
小さな雪だるまを作ったりして、
電車の回復を待って駅へ。

昼14時半くらいのーあずさ2号でー
わたしはわたしは夕方にはー
うち帰れーますー。

って思っていたら、
(あずさ2号のメロディで)
それも運休になってしまったのである。
ガビチョーン!
(リアクションが古い)

馳け廻るスタッフさんたち。
本日はもう、一本も電車が動かないかも知れない。
延泊か?


そんな噂が囁かれる中、
我々無能なミュージシャンたちは、
無能なのでホテルで待機する事に。
こういう時、出来ることがねぇなー。
と佗しそうにセブンでハイボールを買う大島さん。

苦しい時間帯が続く。
気分は、格上チーム相手に、
ディフェンスラインを下げないように必死だが、
後半になって体力が落ちてきてる的な感じだ。
(サッカー)


スタッフさんの頑張りで、
夕方の便に乗車変更出来たけど、
それも動くかどうか…。

ダメ元で夕方もう一度駅へ行ってみると、
なんとたった一本だけ出るとのこと!

夕方7時半くらいのー特急カイジでー
わたしはわたしは夜中にはー
うち帰りーたいー(;_;)

そんな想いで改札からホームへひた走る我々!
(やはりあずさ2号のメロディで)
だが、その乗るべき電車には、
通勤ラッシュの如く人がひしめいている!
しかし我々は山梨に何気に5日間も滞在していたので、全員荷物がでかめ!
なんだか申し訳ない!
しかし、それでも乗るしかない!

ぎゅーぎゅーの車内にクルーみんなで乗り込んだ瞬間に電車のドアは閉まった。

走りだす特急カイジ。
とにかくひとだらけ。
みんなでギューギューの通路に立ち乗りの状態。
最初はみんな、
なんだこの状況はー!
と、笑い合っていたが、
次第にまた苦しい時間帯にさしかかる。
(サッカー)

誰もこの状況を予測していなかったので、
晩ご飯を食べていなかったのだ。
もちろんこれだけ通路にひとがいたら、
ワゴンなんて通れない。


席はいらないから、酒が欲しいよね。

などと、バンマスの大島さんは、
場を和ますために韻を踏み始める。
はじけるライム。
優しさ。

てか今日の我々、
駅周辺をウロチョロしてお酒を飲んだだけって、
新宿のホームレスの方々と大体活動内容同じやん(´Д` )


なんて言っているうちに、
スタッフさんたちが、
メンバーの分だけは席を確保出来ました!
と言って、わたしたちを連れに来てくれた。
スタッフさんたちはずっと立ちっぱなし…(;_;)
とてもとてもとてもとてもとてもかわいそう(;_;)


なんとなく、
パニック時のタイタニックの中はこんな感じだったのかな…、なんて考える。
こんなに大変だというのにあいつら、
恋に落ちやがって!
などと、まったく意味のない怒りが芽生えたりする。


外の雪景色が、とても綺麗で、
とても怖い。
ここに放り出されたら怖いなぁ。


ただでさえ苦しい時間帯が続くところに、
特急カイジはなぜか途中で停車した。
ざわ、ざわ、ざわ。
(カイジ見てなきゃわからない)
ざわつく車内に響くアナウンス。


鉄道に雪で木が倒れこんでいて、
それの撤去が終わらないと進めないので、
しばし待たれよ。
的な説明をしている。

そのまま、小さな駅にゆっくりと停車し、

電車の扉が開けられ、

発車の際にはまたアナウンスするので、
アナウンスの聞こえる距離でお待ち下さい。
と駅員さんの声。

窓から見ていると、空気やタバコを吸いに外に出るひとたちが続々と歩いていく。

わたしはさいとうたかをのサバイバルを読んでしまったせいなのか、こんな時、妙にあれこれ考えてしまい、
みだりに体温を下げるのは得策ではない。
などと、変に生存したすぎる的な答えを出し、
ずっと車内にいた。

そこへタバコを吸って戻ってきた大島さんが、


外出たらさぁ、 煌煌と光るファミリーマートの看板が見えたんだが、
まだ電車動かないならなんか食料買ってこようか?
と聞いてくる。

みんなおなかはペコペコ。

このひとこそが真のサバイバーや!
と思った矢先、電車の発車するアナウンスが!

老体にムチ打ってダッシュするわ!


と言い残し風のように去る大島さん…。
数分後駅員さんに止められて戻ってきた!笑


ありがとうバンマス!
あなたのがんばりによって、
わたしたちのおなかは優しさでいっぱいです…!

少し列車は進むも、1.5キロ先でまた停車。



1.5キロならギリギリいけるか?

などと、まだ煌煌と光るファミリーマートへ走る気満々のバンマス。
おもむろに革ジャンを脱ぐ。
ヤメテェ!笑



風のように去って行ったバンマス。
飲み物のないわたしたちのために、
死にながら小さな自販機でお茶を買って戻ってきた。
この寒い中汗だく!
こーゆー時、頼りになるひとがわかる。



スタッフさんたちの優しさ、
バンマスの優しさ、
なんて素敵な現場なんだ(;_;)



その後20分くらい、
バンマスは隣の席でハアハア言っていた。笑
走りすぎや!笑



しばらく停車と発車を繰り返し、なかなか進まない。

バンマスが喫煙所にて車掌さんから仕入れた情報によると、
(バンマスウロチョロしすぎ)
どうやら、線路に倒れかかってる『木』が山中に沢山あるのだが、私有地内の木だったりするので、
いちいち所有者に確認して、立会いのもと切らないといけないから、時間がかかるらしい。
結局、到着は終電の時間帯でした。

大変だったー!
でも、この件で、なんだかクルー全体の結束が強まった気がしました。



素敵なスタッフさんとメンバーに感謝して、
次もやったるでー!





サトコ・スタック・イン・ナ・トレイン



写真は頑張ったバンマスの30分後です。

スヤァ。

IMG_3197

Update:2016.01.18

そしてenIII始まりました

わたしだ。

アイムイン山梨なっしー!
って言ってたら、
ふなっしーは船橋ですよ、
って言われちゃったなっしー!


稲葉さんのツアー、enIII、
盛大にスタート致しました!
とてもとてもとても素敵な2日間でした。
とてもとてもとても二度と巡ってこない時間。


前から観れるお客様たちがうらやましいなー。
どんな風に見えてるのかなぁ。
楽しいかな。幸せかな。


稲葉さんがみんなを幸せにしているのを観て、
会場のみんなで作り上げる熱く濃い時間が、
楽しすぎて、有り難すぎて、
もー心の中の25メートルプールを、
バタ足で1000キロくらい泳ぎきっちゃいましたよ。
心のジタバタがとまれへん!

ジタバタ!


心の中の公園のシーソーを、
1人で10000回くらいギッコンバッタンしちゃた。


もー心のジタバタとまれへん!
ジースとバータ!
(ドラゴンボール読んでなきゃわからない)



そいでそいで、
お手紙をたくさん頂きました。

お手紙をくれるみんなさん、
本当にありがとう。

知ってる人も多いとは思いますが、
かねてから、わたしはとても読み物がすきなので、
若い頃から本の虫だったので、
お手紙を頂くのがうれしくて、うれしくて、
何も言えなくて、夏。

(冬だよ)


それがすべての活力です。
もーお酒飲みながらお手紙を読んでる時が、
いちばん幸せです。
一流の温泉に浸かりながら熱燗とタコワサ
とか余裕で超えてきますからね。

ライブの感想をくれるひと、
自分の状況を相談してくれるひと、
素敵な絵を描いてくれるひと、
素敵な匂いをつけてくれるひと、
可愛い子どもの字だったり、
男のひとの慣れない字だったり、
女のひとの凜とした綺麗な字だったり、
楽しくて、嬉しくて、愛しくて、
笑ったり、つっこんだり、質問に答えたり、
泣いたりしながら読んでいます。


日常でも、手紙の後、
あのひとはどうなったかな、
と想いを巡らせて過ごしています。


手間だろうに、お手紙を書いてくれて、
本当にありがとう。


そんなわけで2日間全力でうごめいたので、
全身のチャクラを使い切ってしまい、
三代目火影に腕を封印された大蛇丸のような状態に陥っております。
サスケくん…。
(ナルト読んでなきゃわからない)


それにしても素敵な2日間でしたなー。
ってさっきからそれしか言ってないね。笑
感極まりすぎて、一瞬でパンツが脱げてしまうかと思ったもの。
(つながりがよくわからない)


そしたらですよ。
今大雪により、山梨から脱出不可ってわけですよ。
なんでやねーん(´Д` )
山梨なっしー!(´Д` )
しかしながら、
それもどうして、なかなか、最高です。
ホテルで待機してるのだけど、
もーのすごく窓からの景色が良いので、
雪見酒と雪見温泉で、最高のイトマを頂きました。


ありがとう、雪。
でも都内や、あらゆるところでは混乱しているみたいだから、
みんなのことが心配だな。
みなさま、無事に遊びやお仕事が出来ておうちに帰れますように。

ではそろそろ、荷物をスーツケースに押し込んだりしなくてはならないので、この辺で。

帰ってからもがんばるどー!!!
えいえいおー!


サトコ・イン・ヤマナシ

Update:2016.01.12

そして始まる…

明けまして、わたしだ。

履いてますよ!

(聞いてない)

 

 

日本に住んでいる外国のひとたちに言わせると、

日本人は裸の芸人と歌う芸人が大好きらしい。

 

確かにねー。

大体裸か、歌のネタだもんなぁー。

最近、お盆一個で勝負してる裸の芸人さんを見たけど、

死ぬまで笑っちゃったもんなー。

ずるいよなー。

しかし、だとしたら海外では?

結構おしり出してるの見たことある気がするんだから、世界共通なんじゃないのー。

 

では欧米で人気のコメディアンとは一体。

わたし的に考えてみたところでは、

まゆ毛が凛々しいのがすきなのかなと。

 

ほら、ミスタービーンとか、

ジャックブラックとかさ。

 

それとか、シルベスタースタローンとか、

ニコラスケイジとか。

ジェイソンステイサムも。

あ、あの方たちは芸人ではないか。

 

 

兎に角、

新年明けましておめでとう!

 

的な事を言ったのか言ってないのか、

それがわからなくなるくらい、

年末年始チョー忙しくて、

去年はその忙しさにかまけて、この日記という名のブログもなんだかあんまり更新出来てなかったし、

すまなかったと思っている。

しかし、その事とシルベスタースタローンが芸人でないことにはなんの関係もないのである。

(謝りたいのかなんなのか)

 

今年もこんなわたしと、

マニアのみにたまらないと言われて久しいこのブログを、

よろしくお願い致しますね。

(ペロリと出した舌)

 

 

みんなさん、

すまないと思っている証拠に、

今年の目標は、

たくさんブログを更新する。

 

に決定しようかと思いますぞ。

 

どうですか?

(どうでもいい)

 

ブログって本当むつかしーよね。

 

大体、余計な事や失礼な事を書いたら、

それが世界中に知れ渡って大変なことになるんですから。

 

あとは文章を考えるのってそれなりに時間も手間暇もかかるじゃない?

(手間暇かけてその程度かよ)

 

それでも今年はがんばります!

だから、その、

もし暇なときあったらさ、

かまってくれるの?

くれないの?

紅なの?

 

はっきりしてよ、もう!

(急に彼女面)

(情緒不安定)

 

勝手に、

みんなわたしが心配で、

ここの更新を楽しみにしているテイで、

今年はいこーうっと。

 

 

それより、昨日は観ていただけたでしょうか?

スマスマ新春スペシャルにて、

稲葉さんが歌う雄雄しい姿を!

 

そしてそのうしろではしゃぐ、

わたしとでゅらんと徳ちゃんを!

 

もうすぐenIIIも始まりますね。

楽しみで仕方ありません。

 

リハーサルの日々、

みなさまの前でどんな音楽が出来るのか、

わくわくしっぱなしです。

 

久しぶりにじゅおんと演奏すると、

とても楽ちんです。笑

 

やっぱりあのひとの暖かいバイブスはいいなぁ。

 

今年はなるたけたくさん文章書くからね!

 

有言実行ってあんましやらないけど、

今年はしてみよう。

 

では、今年もやってやるぜ!

という事で、

またすぐー!

 

サトコ・オブ・シンネン

Category
Archive
  • 2016.12 (1)
  • 2016.10 (2)
  • 2016.09 (4)
  • 2016.07 (2)
  • 2016.06 (2)
  • 2016.05 (4)
  • 2016.04 (2)
  • 2016.03 (1)
  • 2016.02 (5)
  • 2016.01 (4)
  • 2015.12 (1)
  • 2015.11 (2)
  • 2015.10 (1)
  • 2015.09 (1)
  • 2015.08 (1)
  • 2015.07 (2)
  • 2015.06 (2)