Blog


Update:2022.01.26

そして近況…

わたしだ。

オミクロンやばいですなぁ。

とてもとてもやばいですなぁ。

みなさんは大丈夫かなぁ、とても心配です。

マスクとアルコールが効くのは有難いですが、

それだけで感染せずにいられるのなら

警察は要らねーぜっ。

(表現が古い上に非常に子どもっぽい)

大体の職業は敬称というか「さん」付けしないと

失礼な感じするけど、なんてゆーか、

運転手さん、とか、美容師さん、とか…。

でも、警察さんは、さんを付けた方が

逆に失礼な感じするのはなぜなのだろうか…。

「警察の方」って言うよね。

昔の姫みたいな呼び方よね。

なんで警察さんだけ?

あ、先生もちょっと変か。先生がもう敬称なのか。

「教員の方」って言うよね。

お市の方、的な。姫かよ!

裁判官さん、も変なのか?

わからなくなってきたぞ。

日本語トテモムツカシイヨネ。

それにしても、毎日沢山感染者さんが増えていて、

(さんに、まだ引きずられている)

ここを読むみなさまのご健康が心配です。

昨日東京で一万人を越えたとか。

毎日そうだとしたら1000日後くらいには東京都民全員感染しちゃうなぁ。

ワニじゃないので何日か後に死にたくないっ。

(なんかワニさん流行ったよね)

はーあ。

数字って難しくなかったら簡単なのにな…。

(当たり前)

結構前に道行く小学生が話してるのが

ふと聞こえてきて、

テストどうだったー?

うーん。どうかなー。ねー。

難しくなかったら簡単なのにねー。

って言ってて、

そりゃそうだけど…なんか深い…!

とか思ってしまったわたしはもう

オサーンへの階段をテクテクと

昇っているわけなんですねっ。

簡単じゃなかったら難しいわけです。

またどうでも良いことを長々と書いてしまい

すまないとは思っている。

そんなわたしはというと、

インスタにも書いたけど、

ここ数日一家で急性胃腸炎にかかってました。

家族で罹ると、看病係が居ないので、とても大変!

これだけウイルスについて

ワイドショーのうるさ方の方…

いや、うるさ方さん…?たちが毎日話しているので

(やはり、〜さんに引きずられている)

釈迦に説法ですが、

ウイルス性胃腸炎のウイルスには、

最早最近では当たり前にデパートやスーパーの

玄関に備えてあるようなアルコールは

一切合切効かないらしいですぞ。

そしてコロナばりに流行っているそうですぞ。

ご注意あれ!どうか、ご注意を!

アルコールを手にこすりつけて安心しないでっ!

今回のblogは何も内容がなくてごめん。笑笑

(いつもだよ)

ただみんなが心配です。

いつもここで書いてるけど、

まわりはすべて…わかりますね、アレですよ!

(わかる人にしかわからない)


あ、そうそう、最近、良かったことを。

タオル類を全部マイクロファイバーのものに

変えました。

(どおでもええわ)

いや!これがまたハンパないのよ。

風呂上がりの時間があり得なく短縮されました。

普通のバスタオルなんて絶対使いたくない。

もう2度と…!ってくらいは最高です。

値段も高くないし。安いし!

風呂上がりに綺麗に一瞬で身体や髪が

拭き取られるというのは最高に気持ち良い。

洗い物の後に米びつを触るのって、

水分が入っちゃいそうでちょっとと思って、

でもキッチンのタオルって大体酷使してて

濡れてるから手が乾き切らない。

みたいなことも、

マイクロファイバーのタオルだと一切ない。

兎に角濡れた場所を拭くのが一回でいい。

って最高。赤子がしょっちゅうこぼしても安心。

水回りにこれほどマイクロファイバーが良いとは。

グッズでコースターをいつも作りたいのだけど、

珪藻土ってすぐ汚れるからやなのよね。

コルクだと脆いし、なんやかんやで

フェルトが一番良いと思ってたけど、

マイクロファイバーコースター良いんじゃないか。

作りたいなぁ。

欲しいと思って調べたら、

まだあまり製品がないっ。可愛いのがないっ。

作りませんか?わたしとっ!

(誰に言うてるんや?)

そんなこんなで、わたくしの近況でした。

(タオル替えただけやん)

さらば、だ。

(もっとかっこいいこと言ってから使えよ

その別れの挨拶)


サトコ・オブ・ドラマー・サン

Update:2022.01.10

そして2022年

わたしだ。

ひさしぶりにblogを書いているので、

今までここでどんなことを書いていたのか、

もうすっかり忘れてしまったわたしだ。

それにしてもみなさま、

新年、明けましておめ…

あ、喪中はおめでとうって言うの、

控えた方がいいんだって。

だので、おめでとう的な部分を

じわじわとシンバルロール叩いてうやむやにして、

今年もよろしくお願いいたします。

というところを、

フォルテッシモで縦合わせてキメにして、

謹んでお伝えさせて頂きます。

(ミュージシャンじゃないとわからない)

(ミュージシャンだと言ってることが結構うざい)


そして今日は成人式!

すべての成人になるみなさまの

素晴らしき未来をお祈り申し上げます。

今仙台に向かう新幹線に乗ってるけど、

良いお天気。

素敵な日になりますぜっ。

去年から、このblogで、

何回もなにかしらを書こうと思ったんだけど、

コロナでジメジメした世間や政府へのあれこれを

ヒョロヒョロミュージシャンのくせに浅知恵で

グシャグシャ書くのも嫌なのでグッとこらえて、

それとか、父親が亡くなって、

みなさまから沢山の応援コメント頂いて、

感謝の気持ちを書こうと思ったけど、

なんだか悲しいことをつらつらと文章にして、

グシャグシャ書くのも嫌なのでグッとこらえて、

なんかポジティブなことが書きたいなって、

美味しいものや可愛い動物たちなど、

心をあたためるものにフォーカスして、

インスタやTwitterで発信するに留めて参りました。


でも、

やっぱりたまには、

ちゃんと文章を書くの大事ですよね。

くだらないのしか書けないので、

いつもすまないとは思っている。

でも、ここを読んでくださっている時点で、

かなりのマニアックなお方でしょうから、

何書いても良いんでしょっ。

(だめだよ)

あと、前からここを読んでくれている方々は、

このくだらなさがわりと良いんでしょっ。

(ちがうよ)


話はダイナミックにフライアウェイしますが、

年末年始、

絶賛ASKAさんのツアーのリハしてまして、

先日無事に府中にて、初日を迎えました。

今日は2日目、仙台です。

わたしの父上が生前ASKAさんのバックでドラムを叩いていたのはたぶん知ってる方も多いと思うのですが、

わたしが生まれて初めて見たライブコンサートは、

何を隠そう、父の演奏する

CHAGE&ASKA in大阪城ホール!でした。

幼稚園児だったので、それはそれは

計り知れない衝撃を受けました。

チビらなかったのが偉い!

いや、チビってたのかも知れない。

人生を決める衝撃を受けました。

子供の頃、ラジオとカセットとCDが聴ける大きなデッキが宝物でしたが、大体ASKAさんの音楽とビートルズとカーペンターズをかけて、

恥ずかしいので、布団の中で歌いすさんでいました。

そのあとピンクフロイド方面に進んでいくのはまたの機会にお話するとして、笑

かくかくしかじかでプロドラマーになって、

日本はもちろん、

アジア圏のさまざまな国に行ってお仕事をした時、

どんなアーティストが好き?

みたいな話になると、

決まって必ず、

どんな国でもASKAさんの名前が飛び交いました。

物心ついたときからずっとずっと、

世界的スターでありヒーローであり、

神様である、あの方のドラムを、

わたしがこのツアーで叩かせて頂く事になったのがまだ信じられないまま、

幕が開き、ライブは始まり、

気がついたら音楽に包まれて、

無事にカーテンコールをしていました。

父上が見てた景色を初めて見ました。

バンドメンバーのみなさま、スタッフの方々、

本当に本当に素晴らし過ぎる方々で、

一緒のチームに入れてもらって音楽ができる幸せ、

ASKAさんの歌と一緒に音が出せる幸せ、

もう死ぬなら今にして!って思いました。

父も生前、

ASKAさんのツアーでまたドラム叩きたいなぁ、

って辛そうな身体で言っていました。

気持ちがわかりました。

痛いくらい。

今日は仙台。

初日は難しかったけど、

今日は泣かないで音楽を最高潮に持って行けるように、全力を尽くします。

今年はもーちょいblog書きます。

あ、そうそう、

初日、気合が入っていたので、

結構派手めのパンツを履いていたのですが、

すべて終わって帰りがけにトイレに行ったら、

完全にパンツうらがえしで履いていました。

あんなに感動のライブだったけど、

パンツはウラッカエシだったんかーい!

ってトイレで恥ずかしくなりました。笑

だいぶ派手なパンツがウラッカエシでも気づかないくらいはソワソワだったんですなぁ。

今日はばっちりオモテウラ確認したから大丈夫。

では、また書くね。


今年もよろしくお願いします♡

(全部アクセントでユニゾンで最後カットアウト)

(ミュージシャンじゃないとわからない)

(ミュージシャンからしたらだいぶうざい)

サトコ・オブ・フル・オブ・リスペクト・フォー・アー・サマ

Category
Archive
  • 2022.04 (1)
  • 2022.02 (3)
  • 2022.01 (2)
  • 2021.04 (1)
  • 2020.11 (1)
  • 2020.09 (2)
  • 2020.08 (1)
  • 2020.06 (4)
  • 2020.05 (3)
  • 2020.04 (1)
  • 2020.03 (1)
  • 2020.02 (3)
  • 2019.12 (2)
  • 2019.11 (1)
  • 2019.10 (2)
  • 2019.01 (1)
  • 2018.12 (1)
  • 2018.11 (1)
  • 2018.10 (4)
  • 2018.09 (2)
  • 2018.08 (3)
  • 2018.07 (1)
  • 2018.06 (6)
  • 2016.12 (1)
  • 2016.10 (2)
  • 2016.09 (4)
  • 2016.07 (2)
  • 2016.06 (2)
  • 2016.05 (4)
  • 2016.04 (2)
  • 2016.03 (1)
  • 2016.02 (5)
  • 2016.01 (4)
  • 2015.12 (1)
  • 2015.11 (2)
  • 2015.10 (1)
  • 2015.09 (1)
  • 2015.08 (1)
  • 2015.07 (2)
  • 2015.06 (2)