Blog


Update:2020.03.26

そして最近思う事…

わたしだ。


妊娠30週も過ぎたのに未だに我が子に大切な部分を隠されて性別が判明していないわたしだ。

ピンクやブルーの服が買ってみたい(*´Д`*)

未曾有の新型コロナウィルスのせいで、

この我がしょうもない人生の中でも1番!

世の中が変になっているね(*´Д`*)

戦争とか、リーマンショックとか、バブルの崩壊とか、当時どんなだったんだかわからないけど、

今、身近に迫る菌がすごくすごくやばいって事だけは、確実…!

ソーコンテイジャス!


本当これを読むあなたが今どうしているか心配です。

だいじょぶ?

スパイスがやはり良いらしいよ、免疫上げてこうぜ。

わたしなぞの身を案じてここを読みに来て下さるみなさまにおかれましては、本当にありがとう。

順調に太ってますし、今のところ健康だから心配しないでね。

わたしも、あなたの身をめっちゃめちゃ案じておりますぞ。

お願い、健康で…いてっ!

(腹の出た妊婦が髪を振り乱しながら自宅であなたの健康を祈ってます)

(かなりの無力感)

(しかし大切なのは気持ち、そしてその想い…)

この状況ですから、様々な立場の人が様々な事を言っていますなぁ。

菌そのものの殺傷力、感染力。

もさる事ながら、

それが産む二次的な殺傷力、感染力。

志村けんさんや、トムハンクス夫妻、ひいてはチャールズ皇太子まで、実際に感染してしまった。

実際に感染していなくても、お仕事が出来なくて死にかけてる人もいる。

わたしもいろんな想いが喉まで出かかってる状態だったけど、ずっと、この状況を静観してきた。

シャラップアンドシー。

猫や犬やごはんの投稿をメインに行って、少しでも癒しになればとか思っていた。

ネガティブなことを言っても、憂いても、嘆いても、散らばった菌は消えないものね。

でも本当に怖いのは菌ではなく人間なのだ。

菌はそれこそ、人間の愚かな振る舞いさえ無ければ、蔓延したくたって蔓延出来ないのである。

シンプルだ。

自分が感染してるかどうか判断出来ないのに、

人は人がいるところに出向いてしまうのである。

日本人は慎ましい性質の人が多いからこんな感じだけど、

欧米の爆発的感染は、生き様が自由なのも大いに関係しているはずだ。

わたしの同業者たちはライブの中止や延期が相次いでいるので本当に気の毒だ(*´Д`*)

どれだけの気持ちとお金と時間がかかっているのか、同業者ゆえにつぶさにわかるので、本当に本当に気の毒だ(*´Д`*)

舞台や映画の方々、

飲食店の方々も気の毒だ。

スポーツや格闘技の方々も気の毒だ。

人が集まる商売の人たちは、

働くと菌が蔓延するので、

今は働いてはならないのだ。

小規模と言えど、習字やお花の先生だって、

今はなるべく働いてはならないのだ。

これは絶対なのだ。

火を見るより明らかなのだ。

あとで死ぬのと今死ぬのどっちがいい?

的な事に思えるけど、

今は人から人へ感染するんだから、

人と会ったら駄目なのだ。

ではどのくらい駄目なのか。

わたしは今日までは自宅から近い、

潰れたら困る個人飲食店だけ、徒歩か車で行くようにしていたんだ。

だって、美味しいけど安い素晴らしいごはん屋さんが、カツカツで作った値段設定で頑張っていたら、本当一ヶ月で貯蓄もなく潰れてしまう。

でも、今日からは、それも自粛しようかと思う。

何よりも感染経路にならないために。

わたしが応援している個人飲食店と同じように、今日、堪えきれず大変な思いをしている人が溢れている。

安いギャラだけど毎日演奏して生計を立てているジャズミュージシャンが消えてしまう。

やっと軌道に乗ったクッキングスクールが、初めてプロとして決まったライブが、やるはずだったパーティーが、消えてしまう。

世界一を競うオリンピックでさえ、今は出来ない。

つまり端的に言えば、

集まって働いてる人たちは、集まると菌が蔓延して死ぬので集まってはならない。

ので、働けない。

つまり端的に言えば、

これが続けば、いずれ全員死んでしまう。

今感染して死ぬか、

感染しないようにじっとしてるうちにお金なくなって死ぬか。

変な話、わたしは9月に妊娠がわかって、

そこから出産して落ち着くまで、ドラマーとしての仕事全て休むことになったので、

言ってしまえばみんなより半年前からコロナショックが起こっていたみたいなもんで、ドラマーとしては無収入である。笑

妊娠なんてなんやかんやでいつするかわからないし、今みんなが大騒ぎしてるように、フリーランスに国の保証があったことなんてないから、正直言えば、みんなより半年前からいきなり働けなくなって困っているところでした。

でも、そんなこと今までに何度だってあった。

売れっ子ミュージシャンでも2.3週間仕事ないなんて全然ある。

わたしらのやってる仕事なんて、ちょうどよく仕事があることなんて滅多になくて、

大体、クッソ忙しいか、

怖いくらい暇か、のどっちかなのであーる。

甘くないぜ音楽の世界…(*´Д`*)

仕事は自分で作るものだし、

なくてもあるふりするのが夢を売る立場の人間のするべき振る舞いである。

絶対、武士は食わねど高楊枝なわけである。

映画で、余計な日常のシーンがカットされてるように、我々もオーディエンスのために、夢を見るのに不必要な現実はカットせねばなるまい。

同業者でさえ、お互いの状況を隠して付き合っていることが殆どだ。

大抵バンドにドラムは2人要らない。

1人だ。

リアル椅子取りゲームだ。

敵に弱いところは見せない。

CD
の絶滅危惧と共にやってきた音楽不況の黒波の中をほとんどの音楽家たちは溺れながらここまでやってきているし、お互いがお互いを出し抜くことも音楽の才能や能力のひとつなので、ほとんど仲間内で助け合うなんて事もないのに、ましてや政府が手伝ってくれる事なんてあるわけない。

そしてもう釈迦に説法ですが、ミュージシャン、

やらせてもらえないと当然無収入。

イメージ商売だから少しでも素敵に見せようとハリボテをラメや蛍光で彩って必死にお客さまを待っている。

もちろん助け合ってやってる事も沢山沢山あるし、

わたしこそ、これを書いてしまってる時点で、人から夢を奪ってしまってるんですが、

もーここまでミュージシャンたちが窮地に立たされていると、

横でヤッターマンのナレーターばりに、

説明しよう!

って指を立てながらあれこれ説明せざるを得ない。

(ネタが古い)

仕事がやりたくてもやれない状況なわけだから、無収入で困っている夢を売る立場の人たちが異常に増殖して、現実を晒して、夢が消えて、

それがもうコロナに罹ってる人かそれ以上にやばい。

人が集まる案件は事前に動いてることが殆どだから、それによって赤字の人たちはさらにやばい。

ゼロならいいがマイナスがそもそも社会に溶け込めないからミュージシャンになったような人として難ありの人間に襲いかかり、政府はいつも通り何もしない。

でも、そんなん今始まった事じゃない。

例えば、アーティストのサポート仕事をしてるミュージシャンは、アーティストが気分でやっぱりやんないってなっただけで、人知れず消えて行くのだ。

飲食店も、頑張ってても、普通に地域のランチ戦争とかに敗れて閉店することもあるのだ。

だからコロナがどうだこうだの前から、

こんな事普通にあったんだ。

水面下なだけで。

けど、問答無用で全員そうなったとなると、

長くなればなるほどヤバイ。

短く終わらすには、徹底する事だ。

接触を断つことを!

感染経路を断つのだ!


ノーマターワット、

人が集まって何かやったら感染者が増えて、終わらないじゃん。普通でも大変なことが。それはもう確実に。

30人程度の小規模なライブなら、と、やっている人たちもいる。

学校がほとんど休校しているときに。

がっかりする。

だって、やる理由って、結局、今感染者を出さない、って事よりオノレの美学や収入を取っているって事だぜ。

本当に同業者として恥ずかしい。

夢や希望を売るはずのわたしたちが、自分自身の現実に飲み込まれていくのは本当に見ていられない。

夢を売る仕事を選んだのなら、感染を防ぐただそれだけのために無収入を我慢しなさいよ。

って思う。

夢を壊しながらこれを書いてる理由は、

同業者の人たちに、

どうかこの未曾有の菌が収束するまで耐えて欲しいという願いである。

いつものように高楊枝で耐えて欲しい。

みんなで頑張れば、収束するんだから。

そうしないと収束しないんだから。

とはいえ、今日、今、

お金がどうしても要る人もいる。

わかるよわかる。こっちも妊婦で無収入や。

でも、実はそれってコロナなんて関係ない。

その人の日頃の行いに余裕が足りてないに他ならない。

それとか、めたくそに運が悪い状態に他ならない。

我慢だ!


お仕事のあるご両親の子どもたちは、学校とはまた違うひとところに集められて、そこは、学校とどう違うのか、これでは意味がないのではないかと心配している。

今、逆に仕事、子どものために休めない?

ろう学校の子たちは口を見ないとコミュニケーション取れないからマスク出来ないし、どうする?

1番困ってる人は誰だろう、

健康なミュージシャンより、その人から順に助けられないだろうか。

兎に角、毎日誰かしらが何かしらの病気になるのは止められないとして、

新型コロナだけに限定して、

政府なり地域なりが定めた期限まで、誰もかからないように全員で取り組む。

外出しない。する時めちゃくちゃ気をつける。

今はこれからのあらゆる問題よりそれに尽きるかなと思っています。


酪農家さんが大変だと聞けば牛乳をガブ飲みし、

トイペが売り切れだと聞けばちびちび使うくらいで、人間1人の出来ることなんて知れているけれど、少しだけでも誰かのために生きたい。

人を差し置いて買い占めて生き残って何になるの?

今、ごはんが食べれないわけじゃない。

借金出来ないわけじゃない。

コロナが収束してお金なくなっても、選ばず何でもすれば仕事がゼロなわけじゃない。

工事現場とかだったら妊婦雇ってくれないだろうけど。笑

トイレットペーパーなくたって尻を清潔に保つことくらい出来る。

キッチンペーパーなくたってティッシュなくたって、代わりになるものはいくらでもある。

貧乏暇なし、

より、貧乏暇あり、の方が少し素敵。

って思って共に、久しぶりに出来た時間を満喫しながら、ある程度健康で致命的に貧乏じゃない人たちは一緒に我慢しないかい?

わたしは今映画の007を観ながら、歴代のボンドガールのお化粧を勉強しています。笑

外出れないのに信じられないくらい濃いメイクで家の中にいるってこと、ばれたくない…。

(今言ったからばれたよ)

てゆーかこんな無駄な事じゃなくてもっと何か人の為になることがしたい…(*´Д`*)

自分のくだらなさがイヤッ!

早く健康なみんなと集まって唾飛ばし合って笑い合える日が来ますように。

どうしても人と会う人たちは、

気をつけれるだけ気をつけてね。

ビリーアイリッシュちゃんが10代ならではのくだけた口調で、

俺はいつ死んでもいい、

って、

その辺をふらついていつも通り遊んでる奴!

お前は死んでもいいけど、お前が感染するとお前だけじゃなくて、他の罪もない人にも感染して死ぬんだぞ、って言ってました。

10代の女の子でも理解して堪えてるんだから頑張ろうね、って、ビリーちゃんは億万長者だろうからあんま困らないだろうけど、笑

偏った意見での長蛇文失礼しました。

最近思ってた事でした。

サトコ・オブ・パンデミック

Category
Archive
  • 2020.08 (1)
  • 2020.06 (4)
  • 2020.05 (3)
  • 2020.04 (1)
  • 2020.03 (1)
  • 2020.02 (3)
  • 2019.12 (2)
  • 2019.11 (1)
  • 2019.10 (2)
  • 2019.01 (1)
  • 2018.12 (1)
  • 2018.11 (1)
  • 2018.10 (4)
  • 2018.09 (2)
  • 2018.08 (3)
  • 2018.07 (1)
  • 2018.06 (6)
  • 2016.12 (1)
  • 2016.10 (2)
  • 2016.09 (4)
  • 2016.07 (2)
  • 2016.06 (2)
  • 2016.05 (4)
  • 2016.04 (2)
  • 2016.03 (1)
  • 2016.02 (5)
  • 2016.01 (4)
  • 2015.12 (1)
  • 2015.11 (2)
  • 2015.10 (1)
  • 2015.09 (1)
  • 2015.08 (1)
  • 2015.07 (2)
  • 2015.06 (2)