Blog


Update:2016.04.01

そして桜、エイプリルフール、ドリ…

ハロウ、ハロウ、ハロウ、ハロウ、ハウロウ。
わたしだ。

みんな元気?
わたしは稲葉さんのツアーが終わってから、
enIIIロスハンパない中、
水面下でいろいろと動いております。

もしかしてまだenIIIを観てない!
なんてゆー、
チンチロリンなチョンチョコリンはいませんか?
もしいたのなら、
直ちに無料でHuluに加入して、
その衝撃を味わうヨロシヨ!

ところで!
今日はエイプリルフールですぞ。
何かしら衝撃的な嘘が聞きたいし言いたい。
プリーズセイサムシング!
ライトゥミー!
ライトゥーミー!!!

今んところまだ聞けてないし言ってないぜ。
そんな事を言っているわたくしは、
今、全裸ですがね。
(チョーくだらない嘘ついた)

しかしながら、
今年もかなりのチェリーブロッサムぶりですなぁ。
桜は咲き、
花粉はマジで舞い狂い、
あぁ、春。

夜イヌと散歩してると、そわそわしてもーたまらない。

日本人の桜好きは異常ですね。

世の中にたえて桜のなかりせば
春のこころはのどけからまし
(現代訳:
桜さえなきゃこんなにおれら、はしゃがねぇよ)

なんて百人一首にもありましたが、
近くの公園、
まだあんまし咲いてもないのに、
無理矢理ゴザを敷いて、
呑み食いしているひとたちがいっぱいいた!
ので許せん。
サクラはどーでもええんかい!
わかりやすく花より団子で許せん。笑

でもなぜだろう。
ゴザを敷いて呑み食いすると、
めちゃくちゃ楽しいからなー(´Д` )
時代劇でもそーゆーシーンいっぱい出てくるから、
もうかなり昔から、
日本人はゴザを敷きがちな人生なんだろな。
血に入っちゃってるんだろうなー。
わかる。花見したいもんー(´Д` )
しかし、地べたに座るのはちょっと大変なの。
なぜなら、
わたしのお尻は3つに割れているのだ。
(またチョーどうでもいい嘘ついた)

話はざっくりチェンジしますが、
昨日は、
モガミっくとじゅおんとマンホーパイセンと、
もーすぐある、
ドリのソングスの練習しておりました。
久しぶりだから、いろいろと思い出しながら。

思えばドリのドラムを初めて担当したのは、
20周年の時だから、
わたし、16歳だったわ。
(また余計な嘘ついた)

本当は26歳だったんだけど、
気がつけばドリは27周年!

7年間お手伝いさせてもらっているんだな。

にしたって、27年で名曲作り過ぎですなー(;_;)
去年ワンダーランド観に行った時に思ったけど、
初めて来たひとも全曲知ってるようなライブが出来るなんて、ドリは本当にすごい。

しかし、もはや名曲多過ぎて、
ベストに、曲が入りきらない!!!!!
って思っていたら、
ベストアルバム
「私のドリカム」に続いて、

「私だけのドリカム」
っていう、
ベストアルバムに入らなかった曲を集めた、
裏ベストが出るらしい!
やったー!

タイトルも素敵だなぁ。

昔、さのようこさんの絵本で、
「わたしのぼうし」
っていう絵本があって大好きだった。

どの曲が選ばれるのか、
桜以上にそわそわしてるなう。

ちなみに昨日わたしは、夜桜を見ながら、
チビイヌと散歩しつつ、
「NOCTURNE 001」という曲を聴いていた。

ドリといえば、
「めまい」という桜の名曲がありますが、
ダンサーのケイタさんが好きでよく歌っているせいで、
本来の感じで聴けなくなってしまったのです。笑

NOCTURNE 001は季節ごとに感じ方が変わって、
すごく好きなんだ。
今みたいな、桜の時期、
春の嵐の時に聴いても素晴らしいし、
真夏の夜に聴いてもサイッコウ。


出会った時の気持ちを
冷凍保存できればいいのに
時々そっと取り出して
食べて補充できたらいいのに


という歌詞で始まりますが、
切ないトラックとメロディと相まって、
本当素敵だから是非聴いてみて…って、
わたしは7年だけど、
ここを読むひとの中には27年ドリを知ってるひともいるよね。
今日も初めてドリを知るひとが現れて、
昔から愛してやまないひとがいて、
みんなでその素晴らしさを分かち合える。

はー音楽ってサイッコウ(>_<)

個人的には、NOCTURNE 001が入るといいなー。
あと「TO THE BEAT, NOT TO THE BEAT」って曲、わたしレコーディングでスネアを力いっぱい叩いたから入って欲しいな…。
て、あれもこれもになってきちゃうね。笑
楽しみだなー、私だけのドリカム。

春はあけぼの。
今月もいろいろと動いて、
わたしもいろいろがんばりまして、
来月、再来月あたりにはもっとみんなに逢えるようにするからね(((o(*゚▽゚*)o)))

ぢゃーまた書く!

サトコ・オブ・ヨル・ノ・トバリ

 

 

 

 

Category
Archive
  • 2016.12 (1)
  • 2016.10 (2)
  • 2016.09 (4)
  • 2016.07 (2)
  • 2016.06 (2)
  • 2016.05 (4)
  • 2016.04 (2)
  • 2016.03 (1)
  • 2016.02 (5)
  • 2016.01 (4)
  • 2015.12 (1)
  • 2015.11 (2)
  • 2015.10 (1)
  • 2015.09 (1)
  • 2015.08 (1)
  • 2015.07 (2)
  • 2015.06 (2)