Blog


Update:2018.08.15

そして中国…

我在!(わたしだ)



我、今中国滞在中

昨年、我、楽器演奏為、津宝楽器似祭典招待受

今年我出演同祭典

前回沢山酷状況経験、今回多少慣

然、我滞在区域、否北京、否上海、

工場地帯、天津也

超田舎也

珈琲無、茶以外甘果汁飲料及甘炭酸

老人大概半裸、単車運転手全員無頭防具、

寝床固、麦酒常温、

食事中華限定、時間常遅、及非常巻、

人間過剰積極的、肉魚部位及種類味付不明、

水道水及氷否安全、便所不潔、

風呂水圧無、否水捌、我悩入浴


然、全員太鼓大好、音楽超愛、

望音楽知識、望音楽鑑賞、及素敵演奏

我、加油。頑張、踏張、

我、強信、音楽繋、日中友好

未来、肩組、光明!


※日本語訳

(わたしは今チャイナにおる。

去年も今年も、世界最大の楽器工場、津宝楽器からお誘いしてもらって、楽器演奏のレクチャーと単独ライブをしに、外タレとして招待されて来ているのだが、前回なにもわからずに手ぶらで乗り込んだら、色々とありえない事態に陥り、うそーん?となったので、今回はある程度覚悟しているし、少しは慣れたつもりだ。

しかしながら、ここは北京や上海のように都心ではなく、田舎の工業地帯、天津である。

甘栗は当然見かけないし、ラストエンペラーのようにお洒落なクラブもない。

コーヒーは未だ見かけてないし、お茶以外は甘い炭酸飲料かマンゴージュースしか見ていない。

街行く老人は大体ボロクソのグンゼを半裸で着こなし、原付バイクめっちゃいて全員ノーヘルである。

ベッドは床並に固く、ビールはぬるく、食事は中華しかなく、全ての時間が遅れよる。か、めたくそ早くなりよる。笑

人は平気で楽屋に押し寄せ、スティックはいつのまにかなくなり、出ないボールペンでサインを求められ、無許可で撮影され、それを販売されてもわからず、ヘトヘトで食べるご飯のお肉や魚は、種類や部位や味の付け方が料理好きのわたしにも不明である。

水道水や氷を口にしようものなら太刀時にお腹を騒がせるし、トイレは紙ないの当たり前、ひどいとドアない。笑

風呂はシャワーの水圧なし、水捌けゼロ、入らない方が清潔なのかも知れない。笑


それでも、みんなドラム大好きで、音楽大好きで、政府がネットの情報を制限してる中、必死で知識や経験を得ようと努力している。


子供たちを見てると思う。誰も生まれる環境は選べないのに、生きるルールが多すぎる!


わたしは思う。

国家規模で、心で思った通り動いてる人たちを見て思う。


無許可で撮影?

別に誰も死なねぇよ!

無許可で販売?

…辛いがみんなに聴いてもらえて嬉しいよ!

でもそこは直そうよ!笑

好きなように運転?

全員そうなら全員気をつけるから事故率ちょっと上がるけど、さほど変わらねぇよ!

でもクラクションうるせぇよ!

料理が中華のみ?

美味しいし種類豊富だから今んとこ飽きた事ねぇよ!

裸でウロチョロしてる奴がいる?

別にみんなそうなら困らねぇよ!

不潔?

ある程度なら死なねぇよ!

知識や常識がない?

これから学べば変わるよ。

スティックが盗まれてない?

…それはドラム叩けねぇよ…。笑


でもあれだけ沢山の人数の中で成功するのは簡単な事じゃない。

100人なら勝てても、一万人ならむつかしい。

必死にスティック守れなかったわたしがいけないのだろう。


わたしはここに来るまで、常識や知識がない人たちが嫌いだった。

だって怠惰なのかと思っていたから。

気遣いや勉強が足りていないのかと思ってた。

でも、それは、

「違い」なのだと中国に教えてもらいました。

一生懸命やって、気遣って勉強しても、お互いのさじ加減が違う事がある。


ならば、より選べる道を沢山子どもたちに用意してあげたい。

変な常識やルールにとらわれて、あの子たちがドラム叩けないなんてやだ。


中国では、正直、ドラムという楽器の呼び方すら定まっていない。

「ジャズドラム」

って呼び方と、

「太鼓沢山並んでる」

って呼び方の二択あって、でも彼らジャズ知らないから、適当に使っているのだ。


でもいいじゃん!

呼び名なんてなんでもいいじゃん!


ジャズの奥深さ、

知らなくて叩いてもいいじゃん!

いつか知れる日が来てもいいじゃん!

人生は短いし、全て知るなんて無理じゃん!

上手くなる日なんていつかわかんないじゃん!


じゃーもー、今日、今、

叩くしかないじゃん!


いつの日か、日中友好が真の意味で訪れて、

わたしたちが歴史の中で痛く辛くいがみ合った事より、

今日、今、

一緒にただドラムを叩いてれば、

わたしは素敵だなと思う。


生まれる前に起きた事を、

いつまでも蒸し返すのもうやめようよ。

知らなきゃ愛せたのに、

知る意味は何だろう。


真実が好きだけど、

真実は時間とともに変えられて、

もう見つけられるかわからないのに、

目の前にある真実だって変わるのに、

必死で目を向けないなんて、

ちょっともったいない。


なんだかすれすれになってきたので、物議を醸し出すので、

もうやめる。笑笑


要は、

わたし、今、この時、

風呂に入るか悩んでいます。笑笑


今日いい演奏したいな。)


(漢字の部分も全部日本語やないかーい)


サトコ・オブ・フギ

Update:2018.08.01

そしてワンマンライブ決定…

わたしだ。



ひさしぶりにブログ書きますけどね、

ごめんねなんて思ってないよっ!

なんてったってめたくそ制作してるんだからっ!

馬車馬になって働いてるんだからっ!

ばかっ!

(寝る前の幼稚園児並みに荒れている)


毎日頑張って過ごしてるけど独り身だから誰も褒めてくれないっ!

ばかっ!

(ツッコミづらいよ、そのネタまだフレッシュだし)


離婚を発表した時、なんかニュースになって、

活字で、


バンド「ファジコン」のSATOKOが離婚を発表

「ぶっちぎって生きていくために…」


って書かれてYahoo!ニュースとかに載っていたんですけど、あいつら人の離婚をなんだと思ってるんですかね?笑

普通そこ使う?笑


しばらく、友人たちに、

「あー、この人、

ぶっちぎって生きていくために、てんてんてんの人だ~。」

ってゆって、いじられ続けたので許せん。

てんてんてんの部分が許せん。

…。

許せん…。


ご心配ご迷惑おかけしましたが、

後ろばかり振り返っていても仕方ない。

前を見てやれる事やれるだけやらなきゃ。

過去は過去。

今は今。

ケツはケツ。

(何でそれ並べた?)

これからのぶっちぎりに目を向けて頂けたらうれしいです。

(結局Yahoo!ニュースは合っている)



そんなことよりも!


わたし、初ワンマンやっちゃいます。


来てはくれないか?

なんでもしますから!

(かなりの捨て身タックル)


出来る全てをそこに置いてこようと思ってる!

音楽って、みなさんよくご存知とは思うけど、

なんやかんや一番ライブが楽しいよ。

一緒にめちゃくちゃ楽しい日にしたい。

共にぶっちぎりたい…。

(てんてんてん)


今なんやのかんやの作っているので、

それを見たり聴いたりしてくれたら益々行きたくなると思う。

もーなんてゆーか、

みんなが大切な大切な人で、

更には誕生日とか結婚とか出産とかお引越しとか転勤とかで、

その時、

わたしに出来る一番のプレゼントって何だろう、

って深く深く考えてる気持ちで、

目下この時、制作してる。


それと同時に、

目下この時、

今自分が一番欲しいものは何だろう、

って深く深く考えて制作してる。


出来上がったら、

ニタニタしながらみんなに手渡ししたいけど、

みんなにも都合あるだろうし、

あれなんだけど、

とりあえず、

花嫁に逃げられた花婿みたいな事にはなりたくないので、笑

なんでもいいし、いつでもいいから、

そこにいてくれたらうれしいな。


取り敢えず、

ワンマンのチケットは手に入れてくれ。

行くか行かないかは別として。

(いやそれ全然別じゃないから)


はーそれにしても暑いね。

いろんな土地で大変なことも起きているし、

音楽なんて着れないし食えないし住めないから、

もっとやらなきゃならないことがあるって思ってしまう時もあるけど、

やっぱり、

寒かったり

暑かったり

お腹すいてすいてぺこぺこで

雨ザーザー

雪ごーごー

太陽ジリジリ

とかでうわーーーーーーーーーっっ!!!

てなった時、


音楽は響くと信じてる。

少しはそれを癒すと、

少しはその状況を鼓舞すると信じてる。


何もない平和な時にはさらに、

悩み落ち込んだ時はさらにさらに、

嬉しい時には側で一緒に笑って、

苦しい時には側で肩を抱いて、

あなたの声が思わず、

わたしの音楽を口ずさむような、

そういうものを、

命がけで作るね。


あー、

なんかそんな話をしていたらやる気が漲ってきた。


日々、バックアップしてくれてる、

事務所のみんなに本当感謝です(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)


いいの作るから来て!

行けるかどうかは別として!

(だからそれ全然別じゃないから)



サトコ・オブ・スリーカンマ

Category
Archive
  • 2018.11 (1)
  • 2018.10 (4)
  • 2018.09 (2)
  • 2018.08 (3)
  • 2018.07 (1)
  • 2018.06 (6)
  • 2016.12 (1)
  • 2016.10 (2)
  • 2016.09 (4)
  • 2016.07 (2)
  • 2016.06 (2)
  • 2016.05 (4)
  • 2016.04 (2)
  • 2016.03 (1)
  • 2016.02 (5)
  • 2016.01 (4)
  • 2015.12 (1)
  • 2015.11 (2)
  • 2015.10 (1)
  • 2015.09 (1)
  • 2015.08 (1)
  • 2015.07 (2)
  • 2015.06 (2)