Blog


Update:2016.06.29

そして神社巡り…

imageハロウ、わたしだ。

なんかジメジメしたり、涼しくなったり、
キューキョク暑かったり、
変な陽気ねー。

今年の夏はどんな感じになるんだろう?
日本で50℃とか観測しちゃったりしてね、
こわいわぁー(´Д` )

今いろいろと画策しているせいで、
やはりというべきか日記の更新がままならなくて、
ごめんねごめんね(´Д` )
ここを越えればすごくいい感じになるからさ、
もーちょい待っていてよ、ベイビーちゃん。
(言い訳がひどいダメ彼氏風)

お、そうそう。
インスタとかtwitter見てくれてるひとは知ってるかと思いますが、
最近なぜか、
立て続けに神社巡り的な旅行に行っていたの。

自分ですごく行きたい訳じゃないのに、
あっちこっち呼ばれるってことは、
きっとなんかあるのかなーって思って、
行ってまいりました。

ひとつは琵琶湖に浮かぶ小さな島、
竹生島に聳える竹生神社。

芸能の神様弁財天が祀られて、
ちょうどその日は龍神祭があるというので、
たった、少しの覚悟で冒険するドラゴン
って著書出しちゃってるんだから、
これはもう、
たった、少しの覚悟で行くしかないやろがー!
と、フェリーに乗って挨拶に行ったけれど、
すごく幻想的な神社で、
儀式も、ものすごく綺麗だったなー。

なんかタマクシなるものを奉納する儀式があるのですが、
その時に、何をお願いするか訊かれて、
みんな、慣れた様子で、
「心願成就」
と言っていて、
それはわたしが初めて聞いた四字熟語だった。

心願成就。∑(゚Д゚)
心で願う事全て成就とは!
とても欲張りだな。
すげー便利な言葉だな、と思いました。笑

わたしはアマノジャクなので、
当然、心願成就などとは言わず、
身内の幸せを願いましたが、
(だって奴らが幸せなら、
わたしあんまり叱られなさそうだし)

神主さんがみんなの願いを唱えていくのですが、
わたしの時、
うなるような、念じるような声で、

「身内ィ〜の幸せぇ〜♪」

って言うもんだから、
めちゃ笑いそうになってしまった。
可愛かったなー。

そして、やはりと言うべきか、
あの唱え方に、
「心願成就」
という言葉はすごく似合っていた。

その後、タナゴを放流したり、
龍の餌を湖に投げたり、
日本酒飲んだり、笑
有り得ないほど急な、
長い長い登りにくい間隔の階段をのぼって、
弁財天さんが祀られてる場所まで到達して、
ヒーヒー言いながらお参りしたり。

盛りだくさんが終わって、
無事フェリーで本土に戻ると、
なんだかおなぺこ。
蕎麦が食べたくてウロチョロしていたら、
違う神社にたどり着いた。
広島の宮島ばりに海、いや湖の中に鳥居がある。
(わしのインスタ参照)
そこがどうやら龍を祀る本拠地だったらしい。

いやー、これは呼ばれちゃったなー!
などとみんなでワイワイして、
車を停めて眺めてみれば、
とてもとても素敵な神社!
龍のお膝元ならぬ、御髭元、
白鬚神社というところだった。

龍を描いてる者として、謹んで参拝。

うー、龍神さまー、
わたしの描いている龍、
きっと、あなたとルックスがずいぶんと違う、
変な龍ですが、
もし会ったら、嫌わずに仲間に入れてやってくだせぇ(´Д` )笑


そんな素敵な琵琶湖日帰り弾丸旅行から数日後、
ふたつめの旅行は、天橋立。

LIFE IS GROOVEの大阪公演の翌日、
大阪の仲間と、
蛍のシーズンだから見に行こう!
って言って、
少し足を伸ばしたのです。

真名井神社と元伊勢さんを参拝。
そちらもなぜか龍が祀られてるんですが、
こうやって祀られてる龍のみなさんが、
仲間になれるような良い龍を描かねば。

と、心に誓いました。

良い龍。
って素敵な響き。

そして近くの温泉であったまり、
からの、夏の風物詩、鱧コースに、
一緒に行った友だちが、
宮津のトリガイは格が違う!
と教えてくれて、トリガイも一緒に堪能した後、
減ってゆく日本の風物詩、
6月の蛍を、失われる前に、見に行きました。

「1/f揺らぎ」(エフ分の1ゆらぎ)

って知ってる?

川のせせらぎや、虫、カエルの声、
木漏れ日、炎の揺らめき、
自然がくれるたくさんの癒しの中には、
必ずそれが入ってるらしい。
目の動きにさえも、それが入ってるらしい。

蛍のひかりの光り方、そこにも、
それが入ってるらしい。
f分の1で揺らいでいるらしい。

ウィキペディアしたところによると、
吉田さんの歌声にも入ってるらしい。
わかるわぁ。笑

みんなにも見せたくて、撮影しようとしたけど、
iPhoneでそれが再現出来てたかはわからない。
(やはりわたしのインスタ参照)

そのうち、
あれかな、蛍が滅び、全部LEDライトになって、
しばらくの時が経って、
研究者の誰かが、
白熱灯や蛍光灯から、

S分の1のうなり

とか出てて、実は癒されてた!
とかなんのかねー。
そんな言葉で説明しなくてもわかってたことが、
わからなくなってゆくこと、
素敵なものが失われてゆくこと、
とてもこわいね。

でも兎に角は、
すごーくすごーく綺麗だったなー。

そんなわけで、
また夏が始まりますね。
あ、もう始まってるかな?

みんなは、なにするの?
いちゃいちゃしたりするのか?
(それは許せない)

わたしは今夏はフェスが多めなので、
絶対楽しいし絶対日焼けするだろうけど、
誰か見ててくれなきゃ淋しいから、
暇だったら来てよねー。
(親戚にでも頼むかのように)

あと、いろいろ画策してるんだから、
気にしててよねー。
(彼氏にでも頼むかのように)

では、またかくお!
今度はなるたけすぐに!

サトコ・ブン・ノ・1・ユラギ

写真は竹生神社の白い鳥居。

Update:2016.06.04

そしてLIGとD!先生と近況…

ピヨピヨ。
わたしだ。

昨日はフジテレビ見てくれたかな?
LIFE IS GROOVE(以下、LIG)
というバンドのお手伝いで
LOVE MUSICって番組にて演奏してたよ。
本当、LIG素晴らしいよね。
今メディアには一切いない類のバンドだ。

ベースでリーダーのKENKENとは、
彼が16歳くらい、わたしが18.9歳くらい?
からの付き合いだけど、
昔から本当に心が良いひとで、
優しさとか強さとか、
可愛らしさとか、いじらしさとか、
ひととしての奥行きがスサマジイ!

人生の大事な時に、
言葉やお酒や空気や心をくれた。
その度、感謝と、
けんちゃんを大切にしよう!
って彼を想う優しい気持ちを、
駆り立てられてきた。

長い付き合いでも、リスペクトして、
丁寧なお付き合いが出来るのは、
彼の一生を見越した対人能力の賜物でしょう。

まじでみんなに愛されてるもの。
誰に紹介してもみんな好きになってしまう、
その人柄。
30歳で高校生だったりね。笑

みんなも、こわくないから、
是非彼の演奏を見てあげて欲しい。

とてもとても素敵だよ♡

そしてなんといっても、LIGは、
メンバーにムッシュかまやつ大明神がいるのです。
素晴らしい。

ロックレジェンド。
何でも知ってて、悪くってかっこよくって、
私たちをとても大事にしてくれて、
本当に心から、ああいう70代になりたい。

最高の先輩です。
ただのオカッパじゃないんだぞ!笑
美味しいものいっぱい教えてもらってる。
食べ物も音楽も!

ギターのりゅうちゃんはまだ17歳で、
ムッシュとの差は60歳!笑
ワンおじいちゃん違いますって、
KENKENがよく説明してるけど、
りゅうちゃんはわたしより大人なとこ大人だし、
兎角音楽に詳しいし。
ドラムの打ち込みとかめちゃ速いんだって!
コードの解析とかもめちゃ速い!

何より3人とも、
心が本当に良い。

一度是非見にきて欲しいな。


明日は売り切れちゃってるけど、
ブルーノート東京でLIGのライブだよ。
大阪ビルボードでもやるんだけど、
そちらはちょこっとだけチケットまだあるみたいよ!

わたし何気にブルーノート東京で初演奏だ。

東京ドームやさいたまスーパーアリーナみたいな、
大きいところもいいけれど、
なぜか音楽家はあすこ、
bluenoteにすごくすごく憧れを抱く。

なんでかな。

でもわたし初めてシーラE観た場所だったりするし、
いろんな音楽のレジェンドたちが、
ブルーノートの歴史の中で、
名演を披露する繰り返し、繰り返し、
繰り返しの延長が、
あそこを魔法の場所にしているんだろうね。
明日はめちゃくちゃ感謝して、
音楽を楽しんでくるぜ!

会えるひとはまた明日♡

やばい!
うれちー!
わくわくで幸せでサイッコウでしかない!


…はずなんだが、
ひとつだけ心を穏やかにさせない事がある。

それは…、
ブルーノート東京の後で、
うれしさと共にけんちゃんやムッシュと、
しこたま飲みたいのに、
翌日からDAITA先生のライブの、
リハが始まるのだ!


説明しよう。

仮に音楽がゲームやラジコンだったとして、
操作方法に簡単と難しいがあるとして、

LIGは非常に演奏家に優しい、いわゆる、
マリオ的ニンテンドーであるのに対して、
DAITAパイセンの音楽は非常に難しい、
ベリーベリー、
CAPCOMとかスクウェアエニックスなのです(´Д` )
(ゲームすきじゃなきゃわからない)

すぐに自在にマリオは動かせても、
モンハンのハンターは動かしがたし。

太鼓の達人の鬼モード的な。
まースクウェアエニックスでも、
キングダムハーツとか操作簡単なゲームあるし、
あれなんですけどね。
(ゲームすきじゃなきゃわからない)

いや、例えの話であるので、
あんまり深く考えないで頂きたいのだけど、
兎に角、
DAITA先生の曲の難しさが半端じゃないせいで、
すごく明日楽しんではじけた後に、
きっちりとした精神を保って、
翌日のリハーサルに備えなくてはならない。

ということが明日できるといいけれど(´Д` )

誰か夜あたりになったら言って、
そろそろちゃんとしろって。笑


話はピヨピヨっと変わりますが、
昨日は事務所でこれからについて打ち合わせしてもらっていたんだー。

なんか、改めて、うちの事務所って、
インテリアとかカップとか可愛いなって、
すごく幸せになりました。
マサさんたちのセンスが、
素敵な空間を作っていて、
日常っぽい空間じゃないのに、
不思議に落ち着きます。
漂う優しい幸せが、
淹れてもらったコーヒーの上に、
ふわふわとありました。

さらに、今日本で一番忙しい上司たちが、笑、
おれなんぞのために時間を作ってくれて(;_;)
うあー!
オロローン(´Д` )

やっぱりやっぱり。
もう5年くらい経ちますが。
やっぱり、冷静に考えて、
上司がドリだっていうのは凄い事だなぁ。
あり得ないなぁ。
どうなっているんだね?笑
(ありがたや)


頂くアドバイスが凄すぎて、
その場で反応出来ないから、
後でじわじわじわじわとくるぜ!笑

2人の姿勢と背中、
心をジカに温める言葉や愛情。
瞳の奥に光る美しい輝きを見せてもらってること。

その全てが、
今日手に取るものを、
もっと高い所まで連れていかなきゃ!
という衝動になって、突き動かす。

この誇り高い看板を背中に背負って、
いつか、
出来たら、
いつかと言わずかなり近々、
でっかい花火を打ち上げたいなぁ。

不恰好だけど、
かなり飛べそうな翼が完成してきているし、
準備もいい感じに整ってきている。

あとは、乗りたい風が吹いたら、
わたしもいよいよ飛びますかな。

その時はみんなも一緒に連れてくよ(^^)
楽しみにしていてね。

なんか支離滅裂になりましたが、
取り敢えずは、
明日のライブとその翌週のライブまで、
ドラマー助っ人さとこ、がんばるぜ!笑


サトコ・オブ・スケット
 

Category
Archive
  • 2016.12 (1)
  • 2016.10 (2)
  • 2016.09 (4)
  • 2016.07 (2)
  • 2016.06 (2)
  • 2016.05 (4)
  • 2016.04 (2)
  • 2016.03 (1)
  • 2016.02 (5)
  • 2016.01 (4)
  • 2015.12 (1)
  • 2015.11 (2)
  • 2015.10 (1)
  • 2015.09 (1)
  • 2015.08 (1)
  • 2015.07 (2)
  • 2015.06 (2)