Blog


Update:2022.01.10

そして2022年

わたしだ。

ひさしぶりにblogを書いているので、今までここでどんなことを書いていたのか、もうすっかり忘れてしまったわたしだ。

それにしてもみなさま、新年、明けましておめ…

あ、喪中はおめでとうって言うの、控えた方がいいんだって。だので、おめでとう的な部分を、じわじわとシンバルロール叩いてうやむやにして、今年もよろしくお願いいたします。というところを、

フォルテッシモで縦合わせてキメにして、謹んでお伝えさせて頂きます。

(ミュージシャンじゃないとわからない)

(ミュージシャンだと言ってることが結構うざい)


そして今日は成人式!

すべての成人になるみなさまの素晴らしき未来をお祈り申し上げます。今仙台に向かう新幹線に乗ってるけど、良いお天気。素敵な日になりますぜっ。

去年から、このblog
で、何回もなにかしらを書こうと思ったんだけど、コロナでジメジメした世間や政府へのあれこれをヒョロヒョロミュージシャンのくせに浅知恵でグシャグシャ書くのも嫌なのでグッとこらえて、

それとか、父親が亡くなって、みなさまから沢山の応援コメント頂いて、感謝の気持ちを書こうと思ったけど、なんだか悲しいことをつらつらと文章にして、グシャグシャ書くのも嫌なのでグッとこらえて、

なんかポジティブなことが書きたいなって、美味しいものや可愛い動物たちなど、心をあたためるものにフォーカスして、インスタやTwitter
で発信するに留めて参りました。


でも、やっぱりたまには、ちゃんと文章を書くの大事ですよね。くだらないのしか書けないので、いつもすまないとは思っている。

でも、ここを読んでくださっている時点で、かなりのマニアックなお方でしょうから、何書いても良いんでしょっ。

(だめだよ)

あと、前からここを読んでくれている方々は、このくだらなさがわりと良いんでしょっ。

(ちがうよ)


話はダイナミックにフライアウェイしますが、

年末年始、絶賛ASKAさんのツアーのリハしてまして、先日無事に府中にて、初日を迎えました。

今日は2日目、仙台です。

わたしの父上が生前ASKA
さんのバックでドラムを叩いていたのはたぶん知ってる方も多いと思うのですが、わたしが生まれて初めて見たライブコンサートは、何を隠そう、父の演奏するCHAGE&ASKA
in大阪城ホール!でした。

幼稚園児だったので、それはそれは計り知れない衝撃を受けました。チビらなかったのが偉い!いや、チビってたのかも知れない。

人生を決める衝撃を受けました。

子供の頃、ラジオとカセットとCDが聴ける大きなデッキが宝物でしたが、大体ASKA
さんの音楽とビートルズとカーペンターズをかけて、恥ずかしいので、布団の中で歌いすさんでいました。

そのあとピンクフロイド方面に進んでいくのはまたの機会にお話するとして、笑、かくかくしかじかでプロドラマーになって、日本はもちろん、さまざまな国に行ってお仕事をした時、どんなアーティストが好き?みたいな話になると、決まって必ず、どんな国でも
ASKAさんの名前が飛び交いました。

物心ついたときからずっとずっと、世界的スターでありヒーローであり、神様である、あの方のドラムを、わたしがこのツアーで叩かせて頂く事になったのがまだ信じられないまま、幕が開き、ライブは始まり、気がついたら音楽に包まれて、無事にカーテンコールをしていました。

父上が見てた景色を初めて見ました。

バンドメンバーのみなさま、スタッフの方々、本当に本当に素晴らし過ぎる方々で、一緒のチームに入れてもらって音楽ができる幸せ、ASKA
さんの歌と一緒に音が出せる幸せ、もう死ぬなら今にして!って思いました。

父も生前、ASKAさんのツアーでまたドラム叩きたいなぁ、って辛そうな身体で言っていました。

気持ちがわかりました。

痛いくらい。

今日は仙台。

初日は難しかったけど、今日は泣かないで音楽を最高潮に持って行けるように、全力を尽くします。

今年はもーちょいblog書きます。

あ、そうそう、初日、気合が入っていたので、結構派手めのパンツを履いていたのですが、すべて終わって帰りがけにトイレに行ったら、完全にパンツうらがえしで履いていました。

あんなに感動のライブだったけど、パンツはウラッカエシだったんかーい!ってトイレで恥ずかしくなりました。笑だいぶ派手なパンツがウラッカエシでも気づかないくらいはソワソワだったんですなぁ。今日はばっちりオモテウラ確認したから大丈夫。

では、また書くね。


今年もよろしくお願いします♡

(全部アクセントでユニゾンで最後カットアウト)

(ミュージシャンじゃないとわからない)

(ミュージシャンからしたらだいぶうざい)

サトコ・オブ・フル・オブ・リスペクト・フォー・アー・サマ

Category
Archive
  • 2022.01 (2)
  • 2021.04 (1)
  • 2020.11 (1)
  • 2020.09 (2)
  • 2020.08 (1)
  • 2020.06 (4)
  • 2020.05 (3)
  • 2020.04 (1)
  • 2020.03 (1)
  • 2020.02 (3)
  • 2019.12 (2)
  • 2019.11 (1)
  • 2019.10 (2)
  • 2019.01 (1)
  • 2018.12 (1)
  • 2018.11 (1)
  • 2018.10 (4)
  • 2018.09 (2)
  • 2018.08 (3)
  • 2018.07 (1)
  • 2018.06 (6)
  • 2016.12 (1)
  • 2016.10 (2)
  • 2016.09 (4)
  • 2016.07 (2)
  • 2016.06 (2)
  • 2016.05 (4)
  • 2016.04 (2)
  • 2016.03 (1)
  • 2016.02 (5)
  • 2016.01 (4)
  • 2015.12 (1)
  • 2015.11 (2)
  • 2015.10 (1)
  • 2015.09 (1)
  • 2015.08 (1)
  • 2015.07 (2)
  • 2015.06 (2)